F1ドライバー推定年収(2021) 夢のあるお話

F1ドライバー推定年収(2021) さて今回のブログでは、F1ドライバーのお給料について書いてみたいと思います。
お給料といっても、世の中に発表されている訳ではありません。
さらに、サラーリーマンみたいに単純ではありません。
スポンサー収入やボーナス、その他様々な契約で構成されています。
なので、あくまで大体と言う推定金額のお話です。

それでは、まずはF1ドライバー推定年収の一覧表から。
<F1ドライバー推定年収一覧>
1.ルイス・ハミルトン 約31億3800万円
2.マックス・フェルスタッペン 約26億1300万円
3.フェルナンド・アロンソ 約20億9000万円
4.セバスチャン・ベッテル 約15憶6800万円
5.ダニエル・リカルド 約15憶6800万円
6.シャルル・ルクレール 約12憶5400万円
7.カルロス・サンツ 約10億4500万円
8.バルテリ・ボッタス 約10億4500万円
9.ランス・ストロール 約10億4500万円
10.キミ・ライコネン 約10億4500万円
11.セルジオ・ペレス 約8憶3600万円
12.ピエール・ガスリー 約5億2200万円
13.ランド・ノリス 約5億2200万円
14.エステバン・オコン 約5億2200万円
14.アントニオ・ジョビナッツィ 約1億450万円
16.ミック・シューマッハ 約1億450万円
17.ニキータ・マゼピン 約1億450万円
18.ニコラス・ラティフィ 約1億450万円
19.ジョージ・ラッセル 約1億450万円
20.角田裕毅 約5200万円

さてさて、いかがだったでしょうか?
他の記事を拝見すると、ハミルトンの最終年収は、100億ぐらいになるとか。
優勝したらボーナスとか契約は色々あるだろうからね。
真実はどこにあるのか分かりませんが。
それにしても、20代前半で30億近くかぁ〜。
とっても夢のようなお話だね。

細々とやっている私からすると果てしなき世界。
でも、極めるとこういう世界があるのかって思うと、モチベーションが上がるもんね。
やっぱり物事を極めたプロと言うものは、様々な面で他の人に影響を与える存在なんだね〜。
凄いもんです。

さて、今回のF1ドライバー推定年収(2021)はいかがだったでしょうか?
今までメルセデス一強の面白くないシーズンでした(メルセデスファンの人にはごめんなさい)。
でも、今年は、レッドブル・ホンダ:フェルスタッペンがメルセデス:ハミルトンを凌駕しています。
不幸な出来事が連続してポイントは少し負けてますが。
後半戦は、益々激しい戦いになるでしょう。
今年のF1は、楽しみいっぱいですね!

<広告>
F1の世界をもっと知りたい!と思った貴方にオススメの一冊。
技術やルールの変更点は分かりにくいと言う側面が強いF1。
2021年度版に焦点を合わせたF1速報別冊。
へぇ〜って思う事いっぱい載ってて面白いですよ〜!

F1メカニズム最前線(2021) 難解な2021年レギュレーションを読み解きシーズン開幕に備え (ニューズムック F1速報別冊)

価格:1,300円
(2021/8/18 17:43時点)
感想(0件)

F1関連情報カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ