ポルトガルGP(2020) フリー・予選・決勝

Pocket

ポルトガルGP(2020) F1第12戦。ポルトガルGP(2020)のフリー走行・予選・決勝結果をお伝えします。


ちなみに今回のサーキットは、今年あるあるのいつも走るコースと違います!
そもそも、ポルトガルGPって何年振りなんだ?

さらに、今回走るアルガルヴェ・サーキットは初開催の地!
不確定要素がどんな演出をしてくれるのか?
・・・まあ、メルセデス断トツは変わらないだろうけど(泣)

それでは、ポルトガルGP(2020)フリー走行1回目からです!

<フリー走行1回>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ボッタス/メルセデス1’18.410
2位ハミルトン/メルセデス1’18.749
3位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ1’19.191
4位ルクレール/フェラーリ1’19.309
5位アルボン/レッドブル・ホンダ1’19.365
6位サインツJr./マクラーレン1’19.441
7位ペレス/レーシングポイント1’19.907
8位ライコネン/アルファロメオ1’19.954
9位リカルド/ルノー1’20.058
10位ガスリー/アルファタウリ1’20.124
11位ベッテル/フェラーリ1’20.200
12位ノリス/マクラーレン1’20.207
13位クビアト/アルファタウリ1’20.278
14位マグヌッセン/ハース1’20.846
15位ストロール/レーシングポイント1’20.954
16位ジョビナッツィ/アルファロメオ1’21.009
17位グロージャン/ハース1’21.169
18位ラッセル/ウィリアムズ1’21.374
19位オコン/ルノー1’21.673
20位ラティフィ/ウィリアムズ1’22.054

ポルトガルGP(2020):フリー走行1回目。


ポルトガルGP(2020):フリー走行2回目の結果です!

<フリー走行2回目>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ボッタス/メルセデス1’17.940
2位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ1’18.535
3位ノリス/マクラーレン1’18.743
4位ルクレール/フェラーリ1’18.838
5位サインツJr./マクラーレン1’19.113
6位ベッテル/フェラーリ1’19.175
7位ガスリー/アルファタウリ1’19.178
8位ハミルトン/メルセデス1’19.308
9位オコン/ルノー1’19.496
10位アルボン/レッドブル・ホンダ1’19.643
11位ラッセル/ウィリアムズ1’19.821
12位ペレス/レーシングポイント1’19.901
13位リカルド/ルノー1’19.987
14位ラティフィ/ウィリアムズ1’20.465
15位ライコネン/アルファロメオ1’20.490
16位マグヌッセン/ハース1’20.680
17位クビアト/アルファタウリ1’20.729
18位グロージャン/ハース1’20.867
19位ストロール/レーシングポイント1’20.983
20位ジョビナッツィ/アルファロメオ1’21.396

ポルトガルGP(2020):フリー走行2回目。


ポルトガルGP(2020):フリー走行3回目の結果です!

<フリー走行3回目>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ボッタス/メルセデス1’16.654
2位ハミルトン/メルセデス1’16.680
3位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ1’16.812
4位ガスリー/アルファタウリ1’16.930
5位アルボン/レッドブル・ホンダ1’17.117
6位ルクレール/フェラーリ1’17.229
7位サインツJr./マクラーレン1’17.238
8位ペレス/レーシングポイント1’17.297
9位ノリス/マクラーレン1’17.478
10位オコン/ルノー1’17.666
11位ベッテル/フェラーリ1’17.685
12位クビアト/アルファタウリ1’17.720
13位ライコネン/アルファロメオ1’17.922
14位リカルド/ルノー1’17.935
15位ラッセル/ウィリアムズ1’18.032
16位ストロール/レーシングポイント1’18.100
17位ジョビナッツィ/アルファロメオ1’18.201
18位マグヌッセン/ハース1’18.287
19位ラティフィ/ウィリアムズ1’18.397
20位グロージャン/ハース1’18.454

まず最初の話題は、フリー走行2回目の終了間際にガスリーのマシンが激しく燃えた訳ですが、
フリー走行3回目の最初にマシンのモノコック交換を実施しました。

それと、コースリミット(違反時タイム抹消)の条件が若干緩和しました。
190回ぐらいタイム抹消されたケースがあったそう。
多すぎたね(笑)

さて、内容としては、序盤は各チームまったりモード。
メルセデス:ハミルトンは、ソフトタイヤの投入を早々と実施。
セッション途中までTOPタイムを独占。
盤石だね。
逆にボッタスも残り23分ぐらいでTOPタイム更新。
昨日から好調をキープ。
ハミルトンに一矢を報いる事は出来るでしょうか?

追いかけるレッドブルも悪くはなさそう。
アルボンは、フェルスタッペンにちと遅れをとってますが、4番手で頑張ってます!
・・・元レッドブルのアルファタウリ:ガスリーが3番手というのは微妙な話ですが。

フェラーリは、やや上向き傾向。
特にルクレールは、まずまず。
逆にベッテルは、まだまだ抜け出せず的な感じ。
本人曰く、ルクレールとマシンが違うというニュアンスの話をしてたけど、それだけではないと思うのは厳しい意見ですか?

マクラーレンの2人も揃ってTOP10圏内をゲット!
凄く速い印象もないけれども、安定して速さが出てるみたい。
一歩一歩着実に上がって来ている渋さは素敵です!

最後に。
残り1分で赤旗中断&終了。
コースの排水溝(?)の蓋が捲れ上がるアクシデントが発生!
たまに起きる事態ではありますが。
F1マシンのタイヤは、本当にくっつく力が強いよね〜。
このグリップは羨ましい(笑)

さて、この後の予選はどうなるでしょうか?


ポルトガルGP(2020):予選の結果です!

<予選>

順位ドライバー/チーム タイム
1位ハミルトン/メルセデス1’16.652
2位ボッタス/メルセデス1’16.754
3位フェルスタッペン/レッドブル・ホンダ1’16.904
4位ルクレール/フェラーリ1’17.090
5位ペレス/レーシングポイント1’17.223
6位アルボン/レッドブル・ホンダ1’17.437
7位サインツJr./マクラーレン1’17.520
8位ノリス/マクラーレン1’17.525
9位ガスリー/アルファタウリ1’17.803
10位リカルド/ルノーNo Time
11位オコン/ルノー1’17.614
12位ストロール/レーシングポイント 1’17.626
13位クビアト/アルファタウリ1’17.728
14位ラッセル/ウィリアムズ1’17.788
15位ベッテル/フェラーリ1’17.919
16位ライコネン/アルファロメオ1’18.201
17位ジョビナッツィ/アルファロメオ1’18.323
18位グロージャン/ハース1’18.364
19位マグヌッセン/ハース1’18.508
20位ラティフィ/ウィリアムズ1’18.777

ポルトガルGP(2020):決勝の結果です!

<決勝>

雨予報の天気は、降らずにスタートになりましたが、
風が強く、タイヤの温度が上がらず大変な状況!
スタート前の走行で、たくさんのドライバーがタイヤをロックさせてフラッドスポット作ったりして。
メルセデス:ボッタスもその一人。
波乱の予感でしょうか?

それと、3番手のレッドブル・ホンダ:フェルスタッペンがソフトタイヤ。
1・2のメルセデス勢はミディアムタイヤ。
この戦略の違いが何かを引き起こすでしょうか?
さあ、スタートです!!

スタート1コーナーでの波乱はなかったけどその直後。
2番手に上がったフェルスタッペンがボッタスとのバトルで遅れた間隙をつくペレスと接触。
さらに、雨がパラパラと降り始めた影響でハミルトンが失速。
ボッタスが抜いたと思ったら、マクラーレンのサインツが驚異的なペースを披露。
一気にトップに躍り出た!
ノリスも4番手に上がって来て。
マクラーレンのマシンは雨に強いのか?

3周時点で雨は止んだのか?
ハミルトンのペースが復活。
誰もピットインはせず。
・・・すぐ止みました(笑)

アクシデントではない抜きつ抜かれつが久々に見れて興奮するわ〜。
やっぱりレースはこんな感じがイイね!

その後の展開は、通常ペースに戻ったのでジャンプアップ組がズルズルと後退。
トップはボッタス。
2番手ハミルトン、3番手フェルスタッペン、4番手ルクレールと同じに。

この段階での驚きは、フェラーリのペース。
改良パーツがイイ感じなのか?
レースペースが前半戦に比べて圧倒的によくなって来てる!
めっちゃ嬉しい!!

あと、タイヤが全く保たない!
10周過ぎからソフトタイヤ勢が終わった感じ。
スタート時に色々あったから減りが早いんだろうけど、予定より10周以上早く終わってしまった。
ミディアムスタートのハミルトンも16周で左前フロントの感触に不満をレポート。
今回は、タイヤの保ちが勝敗の鍵になりそうだね。
・・・そんな中、ガスリーはソフトタイヤで善戦。タイヤの使い方が本当に上手いな。

20周。
ボッタスのペースがガクンと落ちた所をハミルトンが一気に責め立てて。
抜きどころの1コーナーできっちり仕事を完了。
これが王者たる所以と言える完璧な走りです。
さすがだ!
あと、先ほどの不満レポートは、ハミルトンの得意技=嘘でした(笑)

その後は、特に劇的な変化はなし。
トラブル等なく。
ただ、至る所でバトルがあって、ドライバーの意地のぶつかり合いが見れて、レースとしては楽しめた一戦でした。
特にガスリーとペレスのバトルは、本当に少しの差でぶつからずに済んだけど、めっちゃ緊張した〜。
今年のF1は、TOP以外では意外とバトルが多いと思う。
やっぱりF1はこうでないと。

ちなみに、ポルトガルGP(2020)は、ハミルトンの圧倒的勝利。
2位ボッタスに約25秒差を付けての勝利。
最後のタイヤ交換後の走りは、もう一人別次元でした。
今シーズンの王座獲得もさる事ながら、92勝という前代未聞の勝利数になりました。
歴史が変わった瞬間!

この記録はどこまで伸びるんだろうね。
そして、この記録にチャレンジしてくるドライバーがいつか出てくるんだろうか?
歴史は繰り返される。
またその瞬間に立ち会えたらイイな。

<広告>


F1:レース観戦詳細(2020)カテゴリーのブログ一覧はこちらからどうぞ

投稿者: かめ

初めして、こんにちは。 F1(特にフェラーリ)が大好きな私。 そんな私がF1情報関連のサイトを作ってみました。 F1好きも好きじゃなくてもお気軽に絡んでくださいな。 楽しいひと時を共有出来るとイイね!

「ポルトガルGP(2020) フリー・予選・決勝」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください