F1:レース観戦記(2022)

バーレーンGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記

バーレーンGP(2022) 今回のブログでは、2022年開幕戦=バーレーンGP(2022)のFP・予選・決勝 観戦記をご紹介します!

さて、
賛否両論、劇的な幕引きだった昨シーズンも今は昔。
F1は、いつの時代でも走り続けてます。

と言う訳で、
2022年シーズンがいよいよ開幕!
新しいレギュレーション(ルール変更)で外見も大きく変わったし。
今までのようなメルセデス一強時代に終止符が打たれる事を楽しみにしているのですが・・・。
逆に強くなるかな?

とにもかくにも、
新シーズンは、楽しみがいっぱいでワクワクする〜。
あなたも応援しているチームが活躍するかと心踊ってるかな?

それでは、
F1開幕戦:バーレーンGP(2022)のFP(フリー走行)・予選・決勝の観戦記をどうぞ〜。


バーレーンGP(2022):1日目

開幕前テストで走ってはいたものの、テストとは違う走りが見られると思うとわくわくするフリー走行1回目。
最近あるあるのテストでは遅いのに、本番だといきなり速い!という現象が起きるでしょうか?

走り出し序盤でアルピーヌ(オコン)の車の左側面がいきなり壊れるアクシデント発生!
ストレート走ってていきなり壊れ飛んだ!!
?なぜ?
リプレイ映像見てもはっきりした原因は分からず。
何にしても赤旗中断になりました。

今年のマシンの最大の問題点=ポーパシングの影響か?
中盤には、メルセデスのラッセルのパーツも飛んでました。
かなり上下に振れまくってるから、それの影響なんだろうね~。

その後は、各チームが順調にテストをこなしている感じ。
ただ、
アルファロメオ(ボッタス)だけ、トラブルで走行出来ず・・・。
痛いなぁ~。

終盤。
ソフトタイヤで走行開始のチームがチラホラ。
アルファタウリのガスリーがTOPタイムをゲット。
前評判で疑惑満載(=いつもの様に弱い振りする作戦)のハミルトンが、やっぱりソフトタイヤでも意外に伸びず。
まだまだセッティングが出てないのか?
もしくは、先程のポーパシングのせいなのか?
確かに、映像ではかなり凄い振動みたいだけど・・・。

レッドブル(フェルスタッペン)は、ミディアムタイヤで5番タイム。
まずまずの状況と言ってもいいのかな?

そんな中、
前評判で速いかも?と噂のフェラーリが片鱗を見せ始めました!
フェラーリの逆襲か?
めっちゃ嬉しい!
ミディアムタイヤで3番手。
レッドブルより速く、ミディアムタイヤでソフトタイヤ勢と張り合ってる!

今年は期待十分。
レッドブルとフェラーリの争いになるといいなぁ~。

でも、予選・決勝はフリー走行2回目の時間と同じなので、この後の2回目の結果が重要かと。
楽しみに待ちたいと思います。
では、また後ほど~。


フリー走行1回目 結果

フリー走行1回目の結果
順位 ドライバー名 チーム名 タイム
1 ガスリー アルファタウリ 1:34.193
2 ルクレール フェラーリ 1:34.557
3 サインツ フェラーリ 1:34.611
4 ラッセル メルセデス 1:34.629
5 フェルスタッペン レッドブル 1:34.742
6 ストロール アストンマーティン 1’34.814
7 ハミルトン メルセデス 1’34.943
8 アロンソ アルピーヌルノー 1’35.000
9 角田裕毅 アルファタウリ 1’35.028
10 ペレス レッドブル 1’35.050
11 周冠宇 アルファロメオ 1’35.053
12 オコン アルピーヌルノー 1’35.151
13 ラティフィ ウィリアムズ 1’35.644
14 ヒュルケンベルグ アストンマーティン 1’35.815
15 アルボン ウィリアムズ 1’35.923
16 ノリス マクラーレン 1’36.304
17 リカルド マクラーレン 1’36.402
18 シューマッハ ハース 1’36.536
19 マグヌッセン ハース 1’36.804
20 ボッタス アルファロメオ

フリー走行2回目 結果

注目のフリー走行2回目がスタート。
やっぱり各チームが1回目より積極的に走行開始!

中盤から各チームが予選想定ラップを敢行。
ソフトタイヤで全車アタック開始です!

レッドブル(フェルスタッペン)がTOPタイムを計測。
しかし、フェラーリ(ルクレール)がしっかり後ろに付いている状況。
タイム的には、3位以下を少し引き離したような感じへ。
去年のフェルスタッペンVSハミルトン的な構図でしょうか?

ちなみに、
フリー走行1回目からハミルトンが少し精彩を欠いてて。
まだマシンに慣れてないのか。
チームメイトのラッセルほど速さを見せず。

その後、各チームがロングランに順次移行。
レッドブル(フェルスタッペン)が安定感抜群の速さで終了。
出だし好調って感じでしょうか?

一発の速さを見せるフェラーリは、レッドブルに比べるとロングランが微妙に苦手かな?
でも、まだまだ本気モードを見せていない様な気もする!
いや、そうであって欲しい・・・めっちゃ願望(笑)
少なくとも、去年のTOP2に追いついてきた感満載で、今年はよりスリリングな展開になりそう。

あと、個人的に嬉しかったのは、
ハース(ミック・シューマッハ)が8番手の位置にジャンプアップ。
明日以降の順位はまだ分からないけど、昨年より圧倒的に改善されているのは確かっぽい。
急遽チームメイトになったマグヌッセンもイイ感じだし。

とにかく、フェラーリエンジンがかなり良くなった恩恵を最大限に活かして頑張って欲しい。
私の一番大好きな父ミハエル・シューマッハのようになれる日が来るといいなぁ~。
それもまた楽しみ。

さて、
明日は大事な予選があります。
それで、少しは勢力図がはっきりするのかな?
では、また明日~!


フリー走行2回目の結果
順位 ドライバー名 チーム名 タイム
1 フェルスタッペン レッドブル 1:31.936
2 ルクレール フェラーリ 1:32.023
3 サインツ フェラーリ 1:32.520
4 ラッセル メルセデス 1:32.529
5 アロンソ アルピーヌルノー 1:32.877
6 ボッタス アルファロメオ 1:32.951
7 ペレス レッドブル 1:32.958
8 シューマッハ ハース 1:33.085
9 ハミルトン メルセデス 1:33.144
10 マグヌッセン ハース 1:33.183
11 ノリス マクラーレン 1:33.280
12 オコン アルピーヌルノー 1:33.360
13 ガスリー アルファタウリ 1:33.621
14 角田裕毅 アルファタウリ 1:33.789
15 周冠宇 アルファロメオ 1:33.953
16 ストロール アストンマーティン 1:33.958
17 ヒュルケンベルグ アストンマーティン 1:34.061
18 リカルド マクラーレン 1:34.166
19 ラティフィ ウィリアムズ 1:34.486
20 アルボン ウィリアムズ 1:34.735

バーレーンGP(2022):2日目

予想通りというか、予選・決勝の時間とは違うので、序盤から走るマシンが少ない(泣)
さらに角田裕毅はトラブルで一周も走れず。
う〜ん。
良くない流れだ。

レッドブル(フェルスタッペン)は、好調を維持。
TOPタイムをキープ。

フェラーリ(ルクレール)もタイムアップしてきてますが、スピンしてコースオフ。
どこもぶつけずに良かった〜。

この後は、いよいよ予選。
誰がまだ実力を隠しているのか判明するでしょう。
では、また予選の後で〜。


フリー走行3回目 結果

フリー走行3回目の結果
順位 ドライバー名 チーム名 タイム
1 フェルスタッペン レッドブル 1:32.544
2 ルクレール フェラーリ 1:32.640
3 ペレス レッドブル 1:32.791
4 ラッセル メルセデス 1:32.935
5 サインツ フェラーリ 1:33.053
6 ハミルトン メルセデス 1:33.121
7 マグヌッセン ハース 1:33.437
8 ボッタス アルファロメオ 1:33.733
9 周冠宇 アルファロメオ 1:33.880
10 ストロール アストンマーティン 1:33.920
11 ノリス マクラーレン 1:33.955
12 ヒュルケンベルグ アストンマーティン 1:33.971
13 ガスリー アルファタウリ 1:34.176
14 シューマッハ ハース 1:34.295
15 リカルド マクラーレン 1:34.378
16 アロンソ アルピーヌ 1:34.628
17 アルボン ウィリアムズ 1:34.868
18 オコン アルピーヌ 1:34.957
19 ラティフィ ウィリアムズ 1:35.667
20 角田裕毅 アルファタウリ

予選 結果

今シーズン最初のQ1が開始!
本当の実力を持つチームが分かるでしょうか?

アルファタウリ(角田裕毅)が一番手でコースイン。
チームメイトのガスリーも続けて出走。
まずまずのタイムを出したけど、最終的には角田裕毅がQ1敗退。
今年は、例年以上にタイム差がほとんど無い中団グループの洗礼を受けてしまったね。
残念。

ここでの驚きは、フェラーリが遂に本領発揮!
今まで実力を隠していた〜!!
めっちゃ速い。
めっちゃ嬉しい。

逆にフェルスタッペンは想定外だったかな?
それにしても、数年前のハミルトンみたいに楽に勝てるシーズンはまだまだ来なさそう。
試練だなぁ〜。
コンマ3秒は、かなり痛いな。

そして、メルセデスも本当に苦戦中なんだね。
TOP争いに加わるのは、ちと難しそう。
今年の勢力図は、確実に変わったみたいだね〜。

Q2
フェルスタッペンは、Q1の結果を見て、闘志に火がついたというべきか。
ただし、フェラーリ勢は決勝を意識してか、ファーストランは新品ではないソフトタイヤで走って2番手タイム。
中古タイヤでこの速さ。
これは、ポール獲得の真実味が帯びてきたわ〜。

メルセデス(ハミルトン)は、FP(フリー走行)時においてはラッセルに押され気味だったけど、
予選になるとしっかりまとめて上へ。
でも、走りのデータを見ると、かなり強引にマシンを止めて曲がってるみたい。
去年までとは本当に違うんだね〜。

アルファロメオ(ボッタス)やハース(マグヌッセン)・アルファタウリ(ガスリー)・アルピーヌ(アロンソ)がQ3進出。
若手に負けない実力派たち。
渋くて素敵なお仕事!
素晴らしい!!

Q3
今年最初のポールは?
フェラーリ(ルクレール)が圧巻の走りでポールをゲット!
チームメイト(サインツ)にしっかりと勝っての1位!!
もう最高。
フェラーリのマシンがめっちゃ進化してる。

でも、フェルスタッペンも意地の走り。
フェラーリ軍団に割って入って1・2を阻止。
レースペースが良さそうだから、決勝には期待十分かな?

チームメイト(ペレス)も4番手を死守。
メルセデスを抑え、フェラーリとコンストラクターズタイトルを目指す為にも大事な位置を守り抜いたのはさすが。
去年の最終戦の伝説的勇姿を思い出します。

新しい顔ぶれになった決勝のスターティンググリッド。
このサーキットは抜く事が可能だし、明日の決勝も何か起きそうな予感。
楽しみ〜。
では、また決勝後に。


予選結果
順位 ドライバー名 チーム名 タイム
1 ルクレール フェラーリ 1:30.558
2 フェルスタッペン レッドブル 1:30.681
3 サインツ フェラーリ 1:30.687
4 ペレス レッドブル 1:30.921
5 ハミルトン メルセデス 1:31.238
6 ボッタス アルファロメオ 1:31.560
7 マグヌッセン ハース 1:31.808
8 アロンソ アルピーヌ 1:32.195
9 ラッセル メルセデス 1:32.216
10 ガスリー アルファタウリ 1:32.338
11 オコン アルピーヌ 1:31.782
12 シューマッハ ハース 1:31.998
13 ノリス マクラーレン 1:32.008
14 アルボン ウィリアムズ 1:32.664
15 周冠宇 アルファロメオ 1:33.543
16 角田裕毅 アルファタウリ 1:32.750
17 ヒュルケンベルグ アストンマーティン 1:32.777
18 リカルド マクラーレン 1:32.945
19 ストロール アストンマーティン 1:33.032
20 ラティフィ ウィリアムズ 1:33.634

バーレーンGP(2022):3日目

今回からタイヤ選択の自由度が上がったF1。
スタート時にマクラーレンだけがミディアムタイヤスタートを選択。
他チームは、ソフトタイヤとなってます。

さらに、
ルクレールは新品のソフト。
フェルスタッペンは中古のソフト。
どんな戦略が展開されるかな?

スタートは、順当。
ハミルトンがジャンプアップ。
逆にペレスがダウン。
そして、ボッタスが一番下がってしまったか・・・残念。

混乱はあまりなかったのですが、オコンがシューマッハに接触。
オコン痛恨の5秒ペナルティーを受けてしまった。
痛いね〜。

10周目。
ペレスがハミルトンをズバッとオーバーテイク。
去年までとはあから様に違う抜かれ方をしているハミルトン。
やっぱりマシンが厳しいんだろうね。
ペレスは、とりあえず予選順位を挽回しました。

その後、12周でピットインが一台。
まさかのハミルトンがピットイン。
ハードタイヤにスイッチ。
さっきのオーバーテイク時も既にタイヤがヤバかったんだね。

それに、ハードタイヤは代えた直後がかなりヤバそう。
グリップが全くないみたい。
ブレーキが全然効いてないように見える。
今年のタイヤはまた癖が強そう。

15周目。
フェルスタッペンとサインツがピットイン。
2台ともソフトタイヤを選択。
メルセデスと違って、2回ストップを選択したみたい。

翌周ルクレールがピットイン。
同じ戦略。

そして、その後にドラマが。
抜きつ抜かれつのバトル勃発。
毎周1コーナーでフェルスタッペンが抜くと次のDRSでルクレールが抜き返す。
何周にも同じような展開。
もう、たまらんわぁ〜!
ただ、戦略としてはタイヤが最後まで持たないんじゃないか?

それにしても、
他のチーム的にも今年は本当にタイヤが持たないんだなぁ〜。
アロンソは、3種類全部使ってますが・・・。
サインツも無線でその可能性を口にしてたけど。
・・・これはレッドブルへの撹乱かもしれないけど。

28周。
ペースが上がらなかったハミルトンは、ミディアムに変更。
でも、ハードで全然走ってないけど?
絶対当初の戦略とは異なる何かが起きてるんだろうね。

31周目。
フェルスタッペンがミディアムに交換。
フェラーリはどう動くかな?
翌周、ルクレールがピットイン。
ここでは、何も動きは無し。

フェラーリは、レースペースもしっかりしてて、今年は本当に強そうだ!
ハンドルの舵角が非常に少ない!
タイヤに優しいマシンセッティングが出来てるんだろうね。
以前のメルセデス的というか。
めっちゃ嬉しい!

40周目。
角田裕毅がアロンソを抜いて10番手へ。
予選悪かったけど、じわじわと順位を上げてポイント圏内へ。
ちゃんと結果を出して終われるといいな〜。

44周目。
フェルスタッペンが3回目のピットイン。
ソフトタイヤに変更。
ルクレールは?と思ってたら、46周目にガスリーのマシンから炎が!
セーフティカーが入りました!
レースがリセットに。
開幕戦は、色んなバタバタが起きるなぁ〜。

残り7周で再スタート。
ルクレールは盤石。
フェルスタッペンはステアリングに違和感でサインツに抜かれそう・・・。
角田裕毅は、シューマッハを抜いて10番手にアップ。
シューマッハは、古いソフトだったので、どんどん抜かれていく・・・残念。

54周目。
サインツがフェルスタッペンをパス。
そして、その後マシントラブルでリタイア。
マジか?

さらに、ペレスがハミルトンにかわされそう。
パワーが落ちてるとの無線が・・・。
そして、ファイナルラップの1コーナーで曲がった瞬間にエンジンストールのトラブル。
まさかまさかのダブルリタイア。
悪夢だなぁ〜。

そして、
3年ぶりの1・2フィニッシュのフェラーリ!
お〜めちゃめちゃ嬉しい!!
さらに、気付けばメルセデスが3・4位。
これは、レッドブルにとって大変な事態だね。
アルファタウリのガスリーもエンジン関係のトラブルだし。

今年は、タイヤの問題も含め、本当に変化が訪れてる。
凄く楽しめそう。
あとは、メルセデスが復活する前に、フェラーリの快進撃が突き抜けますように!


決勝 結果

決勝結果
順位 ドライバー名 チーム名
1 ルクレール フェラーリ
2 サインツ フェラーリ
3 ハミルトン メルセデス
4 ラッセル メルセデス
5 マグヌッセン ハース
6 ボッタス アルファロメオ
7 オコン アルピーヌ
8 角田裕毅 アルファタウリ
9 アロンソ アルピーヌ
10 周冠宇 アルファロメオ
11 シューマッハ ハース
12 ストロール アストンマーティン
13 アルボン ウィリアムズ
14 リカルド マクラーレン
15 ノリス マクラーレン
16 ラティフィ ウィリアムズ
17 ヒュルケンベルグ アストンマーティン
18 ペレス レッドブル
19 フェルスタッペン レッドブル
20 ガスリー アルファタウリ

コンストラクターズ&ドライバーランキング

バーレーンGP(2022)終了後のドライバーズランキングです。

決勝 結果

ドライバーズランキング
順位 ドライバー名 ポイント数
1 ルクレール 26
2 サインツ 18
3 ハミルトン 15
4 ラッセル 12
5 マグヌッセン 10
6 ボッタス 8
7 オコン 6
8 角田裕毅 4
9 アロンソ 2
10 周冠宇 1
11 シューマッハ 0
12 ストロール 0
13 アルボン 0
14 リカルド 0
15 ノリス 0
16 ラティフィ 0
17 ヒュルケンベルグ 0
18 ペレス 0
19 フェルスタッペン 0
20 ガスリー

決勝 結果

コンストラクターズ
順位 チーム名 ポイント数
1 フェラーリ 44
2 メルセデス 27
3 ハース 10
4 アルファロメオ 9
5 アルピーヌ 8
6 アルファタウリ 4
7 アストンマーティン 0
8 ウィリアムズ 0
9 マクラーレン 0
10 レッドブル 0

さて、次戦はサウジアラビアGP。
レッドブルがしっかりと修正して来れるのか?
メルセデスの復活は?
そして、フェラーリの快進撃は?
書ききれない程の楽しみが満載(笑)
では、また次戦の後で〜。
<追記>
サウジアラビアGPの結果は、サウジアラビアGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記へどうぞ~!

<広告>
タイヤ交換をどこでしようかとお考え中のあなた。
購入から交換まで近くのスタンドで出来たら楽ではないでしょうか?
手間を少しでも省きたいなら、ご参考までにどうぞ!

2022年F1レースの観戦記ブログ一覧はこちらからどうぞ
F1開催日程(2022) ちゃんと全23戦行われます様に!は、こちらからどうぞ

かめ

初めして、こんにちは。 F1(特にフェラーリ)が大好きな私。 そんな私がF1情報関連のサイトを作ってみました。 F1好きも好きじゃなくてもお気軽に絡んでくださいな。 楽しいひと時を共有出来るとイイね!

View Comments