オーストラリアGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記

スポンサーリンク

オーストラリアGP(2022) 今回のブログでは、F1第3戦オーストラリアGP(2022)のFP(フリー走行)・予選・決勝の観戦記をご紹介します!

開幕戦から、復活を果たしたフェラーリと昨年の王者を有するレッドブルが、バチバチのバトルを展開。
以前よりは抜きやすくなったマシンのおかげで、わくわく・楽しいF1が戻ってきた感じが最高!
前回:サウジアラビアGP(2022)でもDRSシステムを駆け引きに使ったバトルはシビれたわぁ~。
詳しくは、ブログ:サウジアラビアGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記も良かったらどうぞ!

さて今回は、コロナ以来開催が中止されていたオーストラリアGP(2022)が復活!
公園の外周路を走る独特なレイアウト(市街地サーキットとも違う)が面白いサーキット。
前回開催時から、コースレイアウトも変更が行われたみたいだし、
どんな戦いが行われますでしょうか?
オーストラリアGP(2022)!
めっちゃ楽しみです!!

それでは、
F1開幕戦:オーストラリアGP(2022)のFP(フリー走行)・予選・決勝の観戦記をどうぞ〜。


スポンサーリンク

オーストラリアGP(2022):1日目

まずは最初に。
このサーキットは、ナントDRSゾーンが4つも設置されました!
さらに、1コーナーは、幅広に・・・2.5メートル広がったとか。
コーナーが緩やかになって高速コーナーに変わったり。
かなり高速サーキットに変貌しました。

さて、それでは、FP1(フリー走行1回目)の観戦記に入りたいと思います。
開始早々。
各チームが積極的に走行開始。

メルセデスは、アップグレードを持って来ず、前戦と同じ仕様。
まずは、根本的な問題(ポーパシング・重い車重・空力)の解決を優先したみたい。
さて、前回から改善がありましたでしょうか?

レッドブルは、空力測定装置をたくさん付けて走行。
フェラーリに勝つ為に色々試してるんだろうね。
ちなみに、フェルスタッペンだけソフトタイヤで走行開始。
他のドライバーは、ミディアムタイヤです。

その後、フロントウィングを変えてみたり、順調にタイムアップ。
コースコンディションが良くなってるのもあるだろうけど。
イイ流れだよね。

37分。
レッドブル:ペレスのマシンからパーツが外れた。
その処理により、少し赤旗中断がありました。

その後、ほとんどのドライバーがソフトタイヤで走行。
タイムアップが一気に起きてます。
その中、フェラーリはインパクトにかける立ち位置。
実力出してないかなぁ〜。

って思ってたら。
ラスト20分近く。
フェラーリ勢がワン・ツーを樹立。
やっぱり上がってきたね〜。
開幕戦からこの流れ。

でも、ルクレールじゃなくて、サインツがTOPタイム。
ルクレールの運転テクニックを取得中と前戦で言ってたけど、
何か掴んできたかな?

相変わらず強かったフェラーリですが、
ホンダエンジンは、データ上では非常に力強いのは確からしい。
ストレートスピード(最高速)は、レッドブル・アルファタウリが上位を占めてました。
このアドバンテージを活かせるかどうか。

それと、
ラスト10分ぐらいで、アストンマーティン:ベッテルがエンジン系(?)のトラブルでストップ。
赤旗中断へ。
意外にも、今年はエンジン系トラブルが多いような気がする。
序盤戦は、やっぱり信頼性も鍵ですね。

この後のフリー走行2回目では、何か流れが変わるでしょうか?


フリー走行1回目 結果

フリー走行1回目の結果
順位  ドライバー名  チーム名  タイム
1  サインツ  フェラーリ  1:19.806
2  ルクレール  フェラーリ  1:20.377
3  ペレス  フェラーリ  1:20.399
4  フェルスタッペン  レッドブル  1:20.626
5  ノリス  マクラーレン  1:20.878
6  オコン  アルピーヌ  1:21.004
7  ハミルトン  メルセデス  1:21.027
8  リカルド  マクラーレン  1:21.155
9  アロンソ  アルピーヌ  1:21.229
10  ボッタス  アルファロメオ  1:21.247
11  角田裕毅  アルファタウリ  1:21.289
12  ラッセル  メルセデス  1:21.457
13  ベッテル  アストンマーティン  1:21.661
14  ガスリー  アルファタウリ  1:21.701
15  周冠宇  アルファロメオ  1:21.821
16  ストロール  アストンマーティン  1:21.869
17  アルボン  ウィリアムズ  1:22.754
18  マグヌッセン  ハース  1:23.186
19  ラティフィ  ウィリアムズ  1:23.924
20  シューマッハ  ハース  1:24.349

フリー走行2回目 結果

フリー走行1回目で副長の兆しを見せたマクラーレン。
この2回目では、ロングランチェックとか予選想定ラップが行われると思います。
さてさて、どうなるでしょうか?

このFP2でも各車積極的に走行開始。
序盤は、TOPがコロコロ変わる展開。
マクラーレンやアルファロメオ:ボッタスも好調みたい。


フリー走行2回目の結果
順位  ドライバー名  チーム名  タイム
1  ルクレール  フェラーリ  1:18.978
2  フェルスタッペン  レッドブル  1:19.223
3  サインツ  フェラーリ  1:19.376
4  アロンソ  アルピーヌ  1:19.537
5  ペレス  レッドブル  1:19.658
6  オコン  アルピーヌ  1:19.842
7  ボッタス  アルファロメオ  1:20.055
8  ノリス  マクラーレン  1:20.100
9  ガスリー  アルファタウリ  1:20.142
10  リカルド  マクラーレン  1:20.203
11  ラッセル  メルセデス  1:20.212
12  角田裕毅  アルファタウリ  1:20.424
13  ハミルトン  メルセデス  1:20.521
14  ストロール  アストンマーティン  1:20.611
15  周冠宇  アルファロメオ  1:21.063
16  マグヌッセン  ハース  1:21.191
17  アルボン  ウィリアムズ  1:21.912
18  シューマッハ  ハース  1:21.974
19  ラティフィ  ウィリアムズ  1:22.307
20  ベッテル  アストンマーティン  -

オーストラリアGP(2022):2日目


フリー走行3回目 結果

フリー走行3回目の結果
順位  ドライバー名  チーム名  タイム
1  ノリス  マクラーレン  1:19.117
2  ルクレール  フェラーリ  1:19.249
3  ペレス  レッドブル  1:19.265
4  アロンソ  アルピーヌ  1:19.275
5  サインツ  フェラーリ  1:19.419
6  リカルド  マクラーレン  1:19.693
7  フェルスタッペン  レッドブル  1:19.809
8  ハミルトン  メルセデス  1:19.896
9  ボッタス  アルファロメオ  1:20.008
10  角田裕毅  アルファタウリ  1:20.071
11  ラッセル  メルセデス  1:20.096
12  ガスリー  アルファタウリ  1:20.133
13  オコン  アルピーヌ  1:20.205
14  シューマッハ  ハース  1:20.692
15  周冠宇  アルファロメオ  1:20.836
16  アルボン  ウィリアムズ  1:20.958
17  マグヌッセン  ハース  1:21.025
18  ラティフィ  ウィリアムズ  1:21.050
19  ストロール  アストンマーティン  1:21.636
20  ベッテル  アストンマーティン  -

予選 結果


予選結果
順位  ドライバー名  チーム名  タイム
1  ルクレール  フェラーリ  1:17.868
2  フェルスタッペン  レッドブル  1:18.154
3  ペレス  レッドブル  1:18.240
4  ノリス  マクラーレン  1:18.703
5  ハミルトン  メルセデス  1:18.825
6  ラッセル  メルセデス  1:18.933
7  リカルド  マクラーレン  1:19.032
8  オコン  アルピーヌ  1:19.061
9  サインツ  フェラーリ  1:19.408
10  アロンソ  アルピーヌ  DNF
11  ガスリー  アルファタウリ  1:19.226
12  ボッタス  アルファロメオ  1:19.410
13  角田裕毅  アルファタウリ  1:19.424
14  周冠宇  アルファロメオ  1:20.155
15  シューマッハ  ハース  1:20.465
16  アルボン  ウィリアムズ  1:20.135
17  マグヌッセン  ハース  1:20.254
18  ベッテル  アストンマーティン  1:21.149
19  ラティフィ  ウィリアムズ  1:21.372
20  ストロール  アストンマーティン  DNF

オーストラリアGP(2022):3日目

スタートの1コーナー。
ペレスのスタートが良かったけど・・・。
フェルスタッペンに詰まってしまって、逆にハミルトンに抜かれる始末(泣)
ルクレールは、盤石のTOP維持。
後方でも混乱が無く、大人しいスタートで良かった。

しかし、1周目は抜いたり抜かれたりと忙しい展開。
角田が魅せます。

そして、
2周目に何とフェラーリ(サインツ)がトラブル?でスピン&リタイア&セーフティカー導入。
スピンしながら他のマシンの前を横切る形。
めちゃめちゃ危ないシーンでした(汗)
・・・とりあえず、何も無くて良かった。

7周目でリスタート。
フェルスタッペンが抜きにかかるまでもなく、ルクレールは悠々とTOPを快走。
近づく事も出来ないもんなぁ〜。
今年のフェラーリは、本当に力強いエンジンだ!
空力も良いけど!!

10周目。
ターン3でペレスがハミルトンをパス。
前の最終コーナーを見ても、メルセデスは厳しいんだろうね。
レッドブルは余裕を持って回ってるのに、ハミルトンはいっぱいいっぱいな感じだもんね。
とりあえず、レッドブル陣営2・3位に復活です!

その後は、ルクレールがじわじわ差を広げてます。
フェルスタッペンより1周1秒も速い!
途中でフェルスタッペンは、タイヤをロックさせてたから、それも影響してるんだろうけどね。
ますます窮地に立たされるフェルスタッペンって感じです。

18周前後で、中団グループでタイヤ交換するドライバーがちらほら。
今年のタイヤは、相変わらず難しいのか。
TOP勢は、フェルスタッペンが一番最初にピットイン。
その次にペレス。
レッドブルは、今年のタイヤ攻撃性が強いのかな?
ペレスは、ピットインでハミルトンに抜かれてます。

逆に、フェラーリは全然余裕そう。
23周目にピットイン。
エンジンパワーがあるから、ダウンフォース増し増し仕様でタイヤに優しいのか?

その直後、ベッテルが縁石で滑ってスピン&クラッシュ&セーフティカー。
今季コロナの影響で初ドライブになるベッテル。
やっぱりマシン操作が去年とは大きく違うだろうから、難しいんだろうね。
次戦以降の巻き返しを期待しましょう。

リスタート。
フェルスタッペンがルクレールに並びかけて抜きに。
でも、しっかり防御を固めるルクレール。
ワンチャン狙いの奇襲作戦実らず。
やっぱり、ペースが確実に負けてます。
セーフティカーで漁夫の利を得たラッセルが、後ろから狙ってるし。

でも、タダで終わる訳にはいかないフェルスタッペン。
38周に意地を見せます。
ファステストラップをゲット。
・・・まあ、ルクレールがその翌周に簡単に塗り替えるんだけど。
そして、その直後にいきなりトラブルでマシンストップ。
開幕戦に続いて悪夢が再来。
今年のフェルスタッペンは、かなり厳しい状況に立たされてます。
う〜ん。
この試練が早く明けますように。

その後は、ストロールが話題の人ってぐらい、後ろを押さえ込んで走行。
ペースが遅いので、後ろは数珠繋ぎ。
アロンソの毒付いた無線が笑える。
『前のガスリー何やってんだよ。早く抜けよ』

さて、今回のレースを通して、
ルクレールが圧倒的な強さを見せました。
コメント聞いてても、回頭性が良くて操作が楽に出来てるみたい。
おそらく、本気出したらもっとペースアップ出来るのは間違いない。
レッドブルが失速してる訳でもないと思うので、フェラーリの実力はホンマもんという事が確定したっぽい。

今シーズンはまだまだ長いけど、
2勝と1勝の差だけど。
レッドブルのアップデートが劇的な変化を起こさない限り、厳しいだろうなぁ〜っという雰囲気がビシビシ感じる程の内容差だった気がする。
フェラーリファンの私的には、めっちゃ嬉しいんだけどね!
さて、次も強いフェラーリかな?


決勝 結果

決勝結果
順位  ドライバー名  チーム名
1 ルクレール フェラーリ
2 ペレス レッドブル
3 ラッセル メルセデス
4 ハミルトン メルセデス
5 ノリス マクラーレン
6 リカルド マクラーレン
7 オコン アルピーヌ
8 ボッタス アルファロメオ
9 ガスリー アルファタウリ
10 アルボン ウィリアムズ
11 周冠宇 アルファロメオ
12 ストロール アストンマーティン
13 シューマッハ ハース
14 マグヌッセン ハース
15 角田裕毅 アルファタウリ
16 ラティフィ ウィリアムズ
17 アロンソ アルピーヌ
18 フェルスタッペン レッドブル
19 ベッテル アストンマーティン
20 サインツ フェラーリ

オーストラリアGP(2022)終了後のドライバーズランキングです。

コンストラクターズ&ドライバーランキング

ドライバーズランキング
順位  ドライバー名  ポイント数
1 ルクレール 71
2 ラッセル 37
3 サインツ 33
4 ペレス 30
5 ハミルトン 28
6 フェルスタッペン 25
7 オコン 20
8 ノリス 16
9 マグヌッセン 12
10 ボッタス 12
11 リカルド 8
12 ガスリー 6
13 角田裕毅 4
14 アロンソ 2
15 周冠宇 1
16 アルボン 1
17 シューマッハ 0
18 ストロール 0
19 ベッテル 0
20 ラティフィ 0

コンストラクターズ&ドライバーランキング

コンストラクターズ
順位  チーム名  ポイント数
1 フェラーリ 104
2 メルセデス 65
3 レッドブル 55
4 マクラーレン 24
5 アルピーヌ 22
6 アルファロメオ 13
7 ハース 12
8 アルファタウリ 10
9 ウィリアムズ 1
10 アストンマーティン 0

さあ、次回はエミリア・ロマーニャGP。
昔の名称で言うと、イモラ。
ストップ&ゴーの典型的サーキット。
最高速とトラクッションが勝利の要素になるGP。
レッドブルvsフェラーリの結果はいかに?
では、エミリア・ロマーニャGPの後でお会いしましょう!

<広告>
タイヤ交換をどこでしようかとお考え中のあなた。
購入から交換まで近くのスタンドで出来たら楽ではないでしょうか?
手間を少しでも省きたいなら、ご参考までにどうぞ!

2022年F1レースの観戦記ブログ一覧はこちらからどうぞ
F1開催日程(2022) ちゃんと全23戦行われます様に!は、こちらからどうぞ

コメント

  1. […] 次戦は、オーストラリアGP。 コロナが広がり出してから、中止が続き、開幕戦の座も明け渡してますが。 久々にF1が走る所を見られるのは嬉しい。 第1・2戦と連戦だったけど、少し開催日程が開きます。 この間に、各チームが新しく何かを開発したりして来るだろうし、楽しみが広がります。 では今度は、オーストラリアGPでお会いしましょう! <追記> オーストラリアGPの結果は、オーストラリアGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記へどうぞ~! […]

  2. […] 観戦記へどうぞ! 第3戦 4月10日 オーストラリアGP ※詳細は、オーストラリアGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記へどうぞ! 第4戦 4月24日 エミリア・ロマーニャGP […]

  3. […] 強い強い復活のフェラーリとトラブル続出のレッドブル、終わってみるとランキング2位のメルセデスの戦い。 さらに、中団勢との差もめちゃくちゃ少ない今年のF1。 終わるまで誰が勝つのか分からないというドキドキ感があって、非常に楽しい〜。 ・・・フェラーリ:ルクレールは、1つ頭抜きん出ている感はありますが。 前回のオーストラリアGP(2022)でも、ライバル:フェルスタッペンの自滅というのもあったけど、完璧な勝利でした。 詳しくは、ブログ:オーストラリアGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記も良かったらどうぞ! […]

タイトルとURLをコピーしました