F1:レース観戦記(2022)

エミリア・ロマーニャGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記

エミリア・ロマーニャGP(2022) 今回のブログでは、F1第4戦エミリア・ロマーニャGP(2022)のFP(フリー走行)・予選・決勝の観戦記をご紹介します!

強い強い復活のフェラーリとトラブル続出のレッドブル、終わってみるとランキング2位のメルセデスの戦い。
さらに、中団勢との差もめちゃくちゃ少ない今年のF1。
終わるまで誰が勝つのか分からないというドキドキ感があって、非常に楽しい〜。
・・・フェラーリ:ルクレールは、1つ頭抜きん出ている感はありますが。
前回のオーストラリアGP(2022)でも、ライバル:フェルスタッペンの自滅というのもあったけど、完璧な勝利でした。
詳しくは、ブログ:オーストラリアGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記も良かったらどうぞ!

さて今回は、フェラーリ第2の地元とも言えるエミリア・ロマーニャGP(2022)。
速さと回頭性の良さが抜群のフェラーリは、ここでも強いかな?
レッドブル陣営がトラブルに対応出来て、もう一歩先の速さを見つけ出してたら、本当に最高のレースになるだろうなぁ〜。
エミリア・ロマーニャGP(2022)もめっちゃ楽しみです!!

それでは、
F1開幕戦:エミリア・ロマーニャGP(2022)のFP(フリー走行)・予選・決勝の観戦記をどうぞ〜。


エミリア・ロマーニャGP(2022):1日目

セッションスタート時から雨模様。
路面温度15度ぐらいと寒め。
早くも何かが起きそうなエミリア・ロマーニャGP(2022)って感じです!

いつもなら、
各チームがすぐに飛び出して行くものですが・・・。
当然ウエットタイヤでスタート。
みなさん、様子見的です。

それにしても、
パワーがある車を雨の日に走らせるのはきついだろうなぁ~。
・・・あれ?電子制御がある現在はそうでもないのかな?
でも、楽って事は絶対ないわな。

最初に走行したのは、ハース:ボッタス。
このコースは、アップダウンがあるサーキットなので、下がってる部分には、雨がかなりたまってます。
う~ん、水しぶきが凄い!

開始8分ぐらいになると、色々なチームが走行開始。
フェラーリの2台も登場。
ルクレールは、コーナー立ち上がりでアクセル踏むと真っすぐ走らないような状況。
途中でスピンもしちゃいました。
とにかく、マシンは壊さない様に!

この後、
色々なドライバーがコースオフ&スピンが続出。
まあ、そうだよね~。
そんな中、レッドブル:フェルスタッペンが快走!
TOPに躍り出ます。

今季苦戦中のメルセデス。
やっぱりポーパシング問題もあって、タイムがヤバい!
FP1だからと言うのもあるだろうけど、ハミルトンが18番手とは・・・。
さらに、チームメイトよりも速さを示せなくなって来てる気がするし。
ラッセルが掴み始めたというのが正解かもだけど。
さあ、今後どんなストーリーが起きるでしょうね。

セッション中盤になると、
ルクレール・サインツ両フェラーリドライバーがTOPへ。
路面状況が改善してきた後、レッドブル:ペレスがTOPに立つなどありましたが、セッション終了時は、フェラーリ1・2!
そして、今シーズンのいつもの展開である、その2人を追うフェルスタッペンの図。

雨のおかげで、中団グループはいつも以上に誰が速いのか分からない状況。
さらに、今回は、スプリントレースが行われるので、練習はこのセッションのみ!
この後のセッションは、予選!!

予報でもまだまだ雨が影響しそう。
ワンミスが命取りになりそうな綱渡りの展開。
めっちゃドキドキ感あって、最高だ~。
では、また後ほど。


フリー走行1回目 結果

フリー走行1回目の結果
順位 ドライバー名 チーム名 タイム
1 ルクレール フェラーリ 1:29.402
2 サインツ フェラーリ 1:30.279
3 フェルスタッペン レッドブル 1:30.867
4 マグヌッセン ハース 1:32.439
5 シューマッハ ハース 1:32.988
6 ペレス フェラーリ 1:33.012
7 アロンソ アルピーヌ 1:33.160
8 ベッテル アストンマーティン 1:33.365
9 角田裕毅 アルファタウリ 1:33.611
10 ラッセル メルセデス 1:34.262
11 ボッタス アルファロメオ 1:34.615
12 ガスリー アルファタウリ 1:35.104
13 オコン アルピーヌ 1:35.420
14 ノリス マクラーレン 1:35.502
15 リカルド マクラーレン 1:35.625
16 ストロール アストンマーティン 1:36.033
17 アルボン ウィリアムズ 1:36.461
18 ハミルトン メルセデス 1:36.464
19 周冠宇 アルファロメオ 1:37.450
20 ラティフィ ウィリアムズ 1:39.698

予選 結果

予選開始!
雨は止んで、路面も所々ドライ部分が出てき始めた感じ。
FP1とは状況が変わったから、勢力図に変化が起きるでしょうか?
それとも、また雨が別の演出をするかな?

Q1
走行開始時は、インターミディエイトタイヤとソフトタイヤの選択が分かれました。
ソフト勢がTOPタイムを出す中、フェルスタッペンはインターミディエイトで3番手タイム。
まだまだどちらが優位か微妙な状況。

そんな中、
アルボンの右リア(ブレーキ?)から激しい炎が!
マジか!!
開始3分過ぎぐらいなのに、そんな事ある?
ブレーキに厳しいというサーキットもあるけど、リアのブレーキが燃えるって、あんまり聞いた事ないけど。
何にしても、パーツを盛大に落としながらのピット帰還。
赤旗中断です!

その後、各車一斉にコースイン。
渋滞が酷い。
まだタイムを出してないドライバーにとっては気が気でないだろうね。

Q1での驚きポイントは、2つ。
1つは、ハミルトンがギリギリQ2進出をした事。
苦戦してるのは知ってるけど、最後の最後でQ1敗退圏を脱出したというのは驚き。

2つ目は、アルファタウリの2台がQ1敗退になった事。
今回は、チームの地元GP。
FP1では、好調そうな走りだったのに・・・特に角田選手。
路面状況の改善が影響かな?
アタックを最後にすればするほどタイムアップしてたもんなぁ~。
まあ、今年はタイム差がほぼ無い接戦状態だから、仕方なしか・・・残念!

Q2
止んでいた雨が降りそうとの予報。
各車一気にアタック開始。
ハミルトンがピットアウト時に焦って外しているタイヤウォーマーを踏むというドタバタ感。
今までには見られない焦りを見せるメルセデスの映像は貴重かも。

そんな中、
現時点で2番手タイムを出していたサインツがクラッシュ&赤旗中断!
ターン18でリアが滑ってスピン・・・縁石に乗りすぎたかな?
フロント(リアもか?)をかなり壊してるけど、Q3は走れるのかな?・・・無理だわな。
『雨の前にプシュしろ!』というチーム無線が焦らせちゃったかな?
連続アタック中のアクシデント。
明日のスプリントレース&決勝のリカバリーを期待してます!

中断中に雨が降り始めました。
残り10分ちょっと。
タイムアップは厳しいかな?

Q3
雨の影響が残った状況でのスタート。
アウトラップでスピンしそうになったフェルスタッペン。
なかなか走るのも難しそう。

って思ってたら、
残り9分弱で、ハース:マグヌッセンが飛び出して赤旗に。
ギリギリ壁に激突する寸前で止まれて、何とか自力でピットへ。
この影響で、各車アタック出来ず、ノータイム。
この状況だと、まずはタイムを出す事が大事になりそう・・・。

再開後、
まずTOPタイムを出したのは、ルクレール。
ほんの僅かフェルスタッペンは届かず。
ただ、フェルスタッペンは2周続けてのアタックを敢行。
それが功を奏したのか見事TOPタイムへ。
イエローフラッグが途中振られたけど、見事な走りでした!

その直後、今度はアルファロメオ:ボッタスがスピン&クラッシュ。
そして、赤旗中断!
残り3分弱の状況。


予選の結果
順位 ドライバー名 チーム名 タイム
1 フェルスタッペン レッドブル 1:27.999
2 ルクレール フェラーリ 1:28.778
3 ノリス マクラーレン 1:29.131
4 マグヌッセン ハース 1:29.164
5 アロンソ アルピーヌ 1:29.164
6 リカルド マクラーレン 1:29.742
7 ペレス レッドブル 1:29.808
8 ボッタス アルファロメオ 1:30.439
9 ベッテル アストンマーティン 1:31.062
10 サインツ フェラーリ 1:18.990
11 ラッセル メルセデス 1:20.757
12 シューマッハ ハース 1:20.916
13 ハミルトン メルセデス 1:21.138
14 周冠宇 アルファロメオ 1:21.434
15 ストロール アストンマーティン 1:28.119
16 角田裕毅 アルファタウリ 1:20.474
17 ガスリー アルファタウリ 1:20.732
18 ラティフィ ウィリアムズ 1:21.971
19 オコン アルピーヌ 1:22.338
20 アルボン ウィリアムズ DNF

エミリア・ロマーニャGP(2022):2日目


フリー走行2回目 結果

フリー走行2回目の結果
順位 ドライバー名 チーム名 タイム
1 ラッセル メルセデス 1:19.457
2 ペレス レッドブル 1:19.538
3 ルクレール フェラーリ 1:19.740
4 ハミルトン メルセデス 1:19.992
5 アロンソ アルピーヌ 1:20.174
6 サインツ フェラーリ 1:20.258
7 フェルスタッペン レッドブル 1:20.371
8 角田裕毅 アルファタウリ 1:20.381
9 ガスリー アルファタウリ 1:20.439
10 周冠宇 アルファロメオ 1:20.498
11 アルボン ウィリアムズ 1:20.591
12 マグヌッセン ハース 1:20.740
13 シューマッハ ハース 1:20.977
14 ストロール アストンマーティン 1:21.149
15 ベッテル アストンマーティン 1:21.155
16 オコン アルピーヌ 1:21.179
17 ラティフィ ウィリアムズ 1:21.263
18 ノリス マクラーレン 1:23.821
19 リカルド マクラーレン -
20 ボッタス アルファロメオ -

スプリント・レース 結果


スプリント・レース結果
順位 ドライバー名 チーム名 タイム
1 フェルスタッペン レッドブル
2 ルクレール フェラーリ
3 ペレス レッドブル
4 サインツ フェラーリ
5 ノリス マクラーレン
6 リカルド マクラーレン
7 ボッタス アルファロメオ
8 マグヌッセン ハース
9 アロンソ アルピーヌ
10 シューマッハ ハース
11 ラッセル メルセデス
12 角田裕毅 アルファタウリ
13 ベッテル アストンマーティン
14 ハミルトン メルセデス
15 ストロール アストンマーティン
16 オコン アルピーヌ
17 ガスリー アルファタウリ
18 アルボン ウィリアムズ
19 ラティフィ ウィリアムズ
20 周冠宇 アルファロメオ

エミリア・ロマーニャGP(2022):3日目


決勝 結果

決勝結果
順位 ドライバー名 チーム名
1 フェルスタッペン レッドブル
2 ペレス レッドブル
3 ノリス マクラーレン
4 ラッセル メルセデス
5 ボッタス アルファロメオ
6 ルクレール フェラーリ
7 角田裕毅 アルファタウリ
8 ベッテル アストンマーティン
9 マグヌッセン ハース
10 ストロール アストンマーティン
11 アルボン ウィリアムズ
12 ガスリー アルファタウリ
13 ハミルトン メルセデス
14 オコン アルピーヌ
15 周冠宇 アルファロメオ
16 ラティフィ ウィリアムズ
17 シューマッハ ハース
18 リカルド マクラーレン
19 アロンソ アルピーヌ
20 サインツ フェラーリ

さあ、次回はマイアミGP。
アメリカで初開催のサーキット!
今までサーキットを設計していた会社とは違う所が担当。
いつもと違う展開になるかもしれないという期待MAXなのです。
今年は、不確定要素が満載だし、楽しみだわぁ~。
では、マイアミGPの後で、またお会いしましょう!

<広告>
タイヤ交換をどこでしようかとお考え中のあなた。
購入から交換まで近くのスタンドで出来たら楽ではないでしょうか?
手間を少しでも省きたいなら、ご参考までにどうぞ!

2022年F1レースの観戦記ブログ一覧はこちらからどうぞ
F1開催日程(2022) ちゃんと全23戦行われます様に!は、こちらからどうぞ

かめ

初めして、こんにちは。 F1(特にフェラーリ)が大好きな私。 そんな私がF1情報関連のサイトを作ってみました。 F1好きも好きじゃなくてもお気軽に絡んでくださいな。 楽しいひと時を共有出来るとイイね!

View Comments