モナコGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記

スポンサーリンク

モナコGP(2022) 今回のブログは、F1第7戦モナコGP(2022)のFP(フリー走行)・予選・決勝の観戦記をご紹介します!

3連勝で波に乗りまくっているフェルスタッペン。
予選では圧倒的な速さを披露(決勝では少し弱さを露呈)している
フェラーリ:ルクレール
でも、今回は気合が違うかと。
何せルクレールは地元GPだもんね!
誰もが知ってるぐらいの伝統あるサーキット:モナコGP。

前戦:スペインGPでも、低速区間でのマシンの回頭性が良かったフェラーリ。
詳しくは、ブログ:スペインGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記も良かったらどうぞ!

この低・中速が速い特性は、モナコGPにピッタリ!
逆に言えば、これで遅かったら噓でしょう(笑)
去年もルクレールはポールを取ってるし。
・・・決勝は劇的な程残念な結果だったけど。

今回は、フェラーリをレッドブルと前回復活(?)のメルセデスがどう戦うかが楽しみな一戦!

それでは、
F1第7戦:モナコGP(2022)のFP(フリー走行)・予選・決勝の観戦記をどうぞ〜。


スポンサーリンク

モナコGP(2022):1日目

狭い狭い市街地サーキット。
各チームの走り込みで分かった事。
前回完全復活した?と思えたポーパシング問題。
めちゃくちゃ酷くなってますけど!!
・・・無線で走るの怖いって言うほど跳ねまくってます。
今回は厳しいかな?

開始20分。
シューマッハがトラブルでピットに入ろうとしたけど、失敗。
入口を塞いだ形で止まったので、赤旗中断!

ここまでの順位は、TOPが何とフェルスタッペン!
フェラーリを抑える走りを披露。
このまま番狂わせになるのかな?
・・・ハードタイヤでこのタイム。まだまだ分かんないね~。

さて、この赤旗中断で、
最初ハードタイヤでデータを取っていたチームが、ミディアムタイヤにスイッチ。
このサーキットは、タイヤに厳しいという事はないだろうけど。
今期はタイヤの性能変化が激しいから、チェックは必須だろうね。

その後は、大きな出来事もなく展開。
ただ、タイムが上がってきた分、1コーナーで止まれずっていうマシンも比例して増えた感じ。

そして、フェラーリ:ルクレールがしっかりとTOPタイム。
今シーズンの定番となりつつあるような。

次にペレス!
フェルスタッペンを抜いてランクイン。
最近サポート役をさせられてる感もあるけど、しっかり速さを見せ始めてる!
シーズン途中からは、マシンにも慣れて、もっと速さを見せてくれるとイイなぁ!!

さてさて、次のフリー走行2回目はどうなるかな?
では、また~。


フリー走行1回目 結果

フリー走行1回目の結果
順位  ドライバー名  チーム名  タイム
1  ルクレール  フェラーリ  1:14.531
2  ペレス  レッドブル  1:14.570
3  サインツ  フェラーリ  1:14.601
4  フェルスタッペン  レッドブル  1:14.712
5  ノリス  マクラーレン  1:15.056
6  ガスリー  アルファタウリ  1:15.083
7  リカルド  マクラーレン  1:15.157
8  ラッセル  メルセデス  1:15.211
9  ベッテル  アストンマーティン  1:15.387
10  ハミルトン  メルセデス  1:15.499
11  角田裕毅  アルファタウリ  1:15.536
12  ストロール  アストンマーティン  1:15.539
13  アロンソ  アルピーヌ  1:15.749
14  マグヌッセン  ハース  1:15.806
15  アルボン  ウィリアムズ  1:16.110
16  オコン  アルピーヌ  1:16.315
17  周冠宇  アルファロメオ  1:16.417
18  ラティフィ  ウィリアムズ  1:17.714
19  シューマッハ  ハース  1:18.636
20  ボッタス  アルファロメオ  -

フリー走行2回目 結果

フリー走行2回目走行開始!
ほとんどのドライバーがミディアムタイヤでスタート。

速度が出るコースではないけれども、ポーパシングが発生して運転し難いというドライバーが多数。
空力は色々な要素が複雑に絡み合うんだろうね。
素人の私では、理由が全く分からない(笑)
前戦で完全復活した感じのメルセデスがまた逆戻りです。

開始15分。
マクラーレン:リカルドがコースインしてすぐの段階でクラッシュ&赤旗中断。
プールサイドシケイン前の段階でリアが暴れ出してて、制御不能状態になったみたい。
左前が大きく破損したけど、リカルドは大丈夫そうで良かった・・・。

その後の走行で、
一時的に1・2位をレッドブルが取ってる!って喜んでたら、
フェラーリは、ハードタイヤで走行してた。
ロングランチェックかな?

残り30分の所で、各車ソフトタイヤにチェンジ。
一気にルクレールがTOPタイム。
これは想定通り!
イイねイイね!!

逆にフェルスタッペンは、イマイチ乗れてないのか?
順位が上がって来ないのはよくある事だけど・・・三味線引いてるのはよくある事だし。
でも、チームメイト:ペレスと比べてもブレーキの開始タイミングがあからさまに速いんだけど・・・。
その分アクセル入れるのは早めのタイミングだけど、タイムは負けてる。
いつもはギリギリまで突っ込むスタイルだから何か気になる。
・・・気のせいか?

コースオフしてクラッシュを回避するマシンは何台もありましたが、
その後は順調な展開。
フェラーリ2台が他を完全に引き離した結果に。
明日の展開はどうかな?


フリー走行2回目の結果
順位  ドライバー名  チーム名  タイム
1  ルクレール  フェラーリ  1:12.656
2  サインツ  フェラーリ  1:12.700
3  ペレス  レッドブル  1:13.035
4  フェルスタッペン  レッドブル  1:13.103
5  ノリス  マクラーレン  1:13.294
6  ラッセル  メルセデス  1:13.406
7  ガスリー  アルファタウリ  1:13.636
8  アロンソ  アルピーヌ  1:13.912
9  ベッテル  アストンマーティン  1:14.059
10  角田裕毅  アルファタウリ  1:14.134
11  マグヌッセン  ハース  1:14.239
12  ハミルトン  メルセデス  1:14.267
13  ボッタス  アルファロメオ  1:14.468
14  アルボン  ウィリアムズ  1:14.486
15  周冠宇  アルファロメオ  1:14.525
16  ストロール  アストンマーティン  1:14.623
17  シューマッハ  ハース  1:14.894
18  オコン  アルピーヌ  1:15.216
19  ラティフィ  ウィリアムズ  1:16.276
20  リカルド  マクラーレン  -

モナコGP(2022):2日目

フェラーリVSレッドブルは、お互いタイム更新をたたき出すボディブロー的展開。
ペレスがTOPタイムを出す素晴らしき走りを披露。
でも、フェルスタッペンは昨日からイマイチ乗り切れてない感じが・・・気のせいか?
この後の予選を楽しみに待ちたいと思います。


フリー走行3回目 結果

フリー走行3回目の結果
順位  ドライバー名  チーム名  タイム
1  ペレス  レッドブル  1:12.476
2  ルクレール  フェラーリ  1:12.517
3  サインツ  フェラーリ  1:12.846
4  フェルスタッペン  レッドブル  1:12.881
5  ガスリー  アルファタウリ  1:13.210
6  ノリス  マクラーレン  1:13.226
7  ハミルトン  メルセデス  1:13.375
8  マグヌッセン  ハース  1:13.436
9  ラッセル  メルセデス  1:13.476
10  アロンソ  アルピーヌ  1:13.585
11  角田裕毅  アルファタウリ  1:13.645
12  シューマッハ  ハース  1:13.827
13  ベッテル  アストンマーティン  1:13.838
14  ボッタス  アルファロメオ  1:13.849
15  アルボン  ウィリアムズ  1:13.882
16  リカルド  マクラーレン  1:14.104
17  オコン  アルピーヌ  1:14.260
18  ストロール  アストンマーティン  1:14.639
19  周冠宇  アルファロメオ  1:14.861
20  ラティフィ  ウィリアムズ  1:14.910

予選 結果

フェラーリ優勢のグランプリだとは思ってたけど・・・。
ルクレールの走りは、一人異次元な程速かった!
やっぱり地元グランプリだから集中力ハンパないって感じ。

逆にフェルスタッペンは、やっぱりと言うべきか、タイムが伸びず。
ペレスの後ろ4番手スタート。
フェラーリ2台が最前列だし、明日の決勝はかなり厳しいかなぁ~。

個人的に、
アロンソやベッテルがTOP10に入る力走。
やっぱり経験の差が結果に出るんだろうか?
めちゃめちゃカッコいい!


予選結果
順位  ドライバー名  チーム名  タイム
1  ルクレール  フェラーリ  1:11.376
2  サインツ  フェラーリ  1:11.601
3  ペレス  レッドブル  1:11.629
4  フェルスタッペン  レッドブル  1:11.666
5  ノリス  マクラーレン  1:11.849
6  ラッセル  メルセデス  1:12.112
7  アロンソ  アルピーヌ  1:12.247
8  ハミルトン  メルセデス  1:12.560
9  ベッテル  アストンマーティン  1:12.732
10  オコン  アルピーヌ  1:13.047
11  角田裕毅  アルファタウリ  1:12.797
12  ボッタス  アルファロメオ  1:12.909
13  マグヌッセン  ハース  1:12.921
14  リカルド  マクラーレン  1:12.964
15  シューマッハ  ハース  1:13.081
16  アルボン  ウィリアムズ  1:13.611
17  ガスリー  アルファタウリ  1:13.660
18  ストロール  アストンマーティン  1:13.678
19  ラティフィ  ウィリアムズ  1:14.403
20  周冠宇  アルファロメオ  1:15.606

モナコGP(2022):3日目

グランプリ前から雨予報だったモナコ。
でも、フォーメーションラップ直前まで晴れていたのに・・・。
まさかまさかの直前での雨!
開始時間が約1時間も遅れる事に。
・・・その為、レースは規定周を走り切れず、ラストは時間が終了でチェッカーという珍しい事態に。

それにしても、
この雨が降り出した時に嫌な感じがしたんだよね~。
そして、その予感が的中!
絶対勝つだろうと思ってたルクレールが、チームのミスもあり、まさかまさかの4位フィニッシュ(泣)
今までのルクレールのドライバー人生で地元グランプリは一度も完走無しでした。
今年は初完走だったけども・・・。
去年と今年、誰が見ても優勝だと思われたレースを取りこぼすなんて。
モナコの神様は、ルクレールに厳し過ぎだぁ~。

序盤から段々乾いていく路面状況を上手く立ち回れたのが、レッドブル:ペレス!
自身初・メキシコン人ドライバー初のモナコ優勝!!・・・めっちゃおめでとう。
去年からフェルスタッペンのサポートとして最高の働きに対するご褒美かな?
ちょっとウルってきてしまう勝利で嬉しかった~。

フェルスタッペンは、結果オーライというべきか。
何だか精彩に欠く感じというか。
マシンを作り上げれずに終わった感じでしたが。
とにもかくにもドライバーランキング1位の座をしっかりと確保出来たのは良かったね。

最後に。
ハース:シューマッハが激しいクラッシュをしました。
マシン後方がパカッと割れた感じ。
ドライバーに影響がなくて本当に良かった。
ただ、クラッシュ前の姿勢変化がかなり酷くて、何かトラブルだったのかな?
・・・ドライバーのミスだろうか。
まだポイント獲得出来ていない数少ない一人。
焦りもあるだろうけど、何かのきっかけやチャンスがこれから来ます様に!
私が一番大好きなF1ドライバー:ミハエル・シューマッハの息子さんだから、超贔屓目で応援してます(笑)


決勝 結果

決勝結果
順位  ドライバー名  チーム名
1 ペレス レッドブル
2 サインツ フェラーリ
3 フェルスタッペン レッドブル
4 ルクレール フェラーリ
5 ラッセル メルセデス
6 ノリス マクラーレン
7 アロンソ アルピーヌ
8 ハミルトン メルセデス
9 ボッタス アルファロメオ
10 ベッテル アストンマーティン
11 ガスリー アルファタウリ
12 オコン アルピーヌ
13 リカルド マクラーレン
14 ストロール アストンマーティン
15 ラティフィ ウィリアムズ
16 周冠宇 アルファロメオ
17 角田裕毅 アルファタウリ
18 アルボン ウィリアムズ
19 シューマッハ ハース
20 マグヌッセン ハース

モナコGP(2022)終了後のドライバーズランキングです。

コンストラクターズ&ドライバーランキング

ドライバーズランキング
順位  ドライバー名  ポイント数
1 フェルスタッペン 125
2 ルクレール 116
3 ペレス 110
4 ラッセル 84
5 サインツ 83
6 ハミルトン 50
7 ノリス 48
8 ボッタス 40
9 オコン 30
10 マグヌッセン 15
11 リカルド 11
12 角田裕毅 11
13 アロンソ 10
14 ガスリー 6
15 ベッテル 5
16 アルボン 3
17 ストロール 2
18 周冠宇 1
19 シューマッハ 0
20 ラティフィ 0

地元グランプリの女神に嫌われてる(?)ルクレールがまさかの4位フィニッシュ。
フェルスタッペンの後ろ!
初日から盤石と思われたフェラーリ勢が失速。
逆にモナコ初優勝のペレスが順調に上昇中。
上手く行けば総合優勝にも手が届きそう。
そうなると、レッドブル陣営の内戦ぼっ発か?
色々楽しみが増える結果となったモナコGP(2022)でした。


コンストラクターズ&ドライバーランキング

コンストラクターズ
順位  チーム名  ポイント数
1 レッドブル 235
2 フェラーリ 199
3 メルセデス 134
4 マクラーレン 59
5 アルファロメオ 41
6 アルピーヌ 40
7 アルファタウリ 17
8 ハース 15
9 アストンマーティン 7
10 ウィリアムズ 3

さあ、次回はアゼルバイジャンGP。
市街地コース2連戦!
でも、今回のモナコとはサーキットの系統が大きく違う所がある。
そう、めっちゃ長いストレート区間がある事!
要するにレッドブル優勢か?
しかし、市街地セクションでは、モナコより狭い所もあるテクニカル部分もあるから、
フェラーリも負けてない・・・かも?
・・・最近の各チームの開発で、マシン特性が序盤とは違ってきてるから、勢力図は全く分からないなぁ~。
すなわち、めっちゃ楽しみって事・・・毎戦言ってる気がするけど(笑)
と言う訳で、またアゼルバイジャンGP後にお会いしましょう!

<広告>

2022年F1レースの観戦記ブログ一覧はこちらからどうぞ
F1開催日程(2022) ちゃんと全23戦行われます様に!は、こちらからどうぞ

コメント

  1. […] FP・予選・決勝 観戦記へどうぞ! 第7戦 5月29日 モナコGP ※詳細は、モナコGP(2022) FP・予選・決勝 観戦記へどうぞ! 第8戦 6月12日 アゼルバイジャンGP 第9戦 6月19日 カナダGP […]

タイトルとURLをコピーしました